その他の資料(10) 産業機器などからの電磁波曝露

 

研究概要トップへ戻る

1電気溶接作業時の電磁波曝露


---

 

 

1.電気溶接作業時の電磁波曝露

 

http://www.nle.co.jp/home/Tech.Frame.htm<リンク切れ> にあった情報の一部引用です。

電気溶接ではかなりの電磁界曝露があるが、それを溶接機メーカとして「安全情報」として公開している。
2004−6−28のログ

**********************

「リンカーン・エレクトリック社は、世界最大の溶接総合メーカです。
弊社は溶接のあらゆる分野で皆様のご要望にお応えします。」

安全作業  警告

 

 

電磁界は危険性があります

2a

導体を電流が流れると、導体の周りに局所的な電磁界(EMF)が発生します。
溶接電流も溶接ケーブルおよび溶接電源の周りにEMFを発生させます。

2b

EMFは、ペースメーカーに支障をきたすことがあるので、ペースメーカーを身につけている方は、溶接前に医師と相談して下さい。

2c

溶接で発生するEMFに曝されると、現在ではまだ知られていない健康上の問題を引起こす可能性があります。

2d.

全ての溶接作業者は、溶接回路から発生するEMFへの暴露を最小限にするために、下記の指示に従って下さい。

 

2d1

溶接ケーブルとアースケーブルは、一緒に配線して下さい。

 

2d2

体に溶接ケーブルを巻き付けた状態で溶接することは、絶対にしないで下さい。
巻いたケーブルの中では非常に強いEMFが発生します。

 

2d3

溶接ケーブルとアースケーブルの間に体を置かないで下さい。
もし、溶接ケーブルが体の右側にあったら、アースケーブルも右側にあることを確認して下さい。

 

2d4.

アースケーブルは、溶接箇所にできるだけ近い位置に接続して下さい。

 

2d5

溶接電源の近くで作業しないで下さい。